日焼け止めを塗ってるのにすぐ焼ける

日焼け止めを塗っても焼ける

 

ちょっとしか日差しに当たっていなかったのにかなり黒くなってしまった、

他の人と同じ日焼けをしているはずなのになぜか自分だけ黒くなる

こんなふうに感じていませんか。

 

日焼け止めクリームが効かない、やり方が悪いのだろうか、たった5分だったのに何であまり黒くならない人がいるのだろう。

 

実は日本人は日焼けをしやすい人としにくい人と肌質が3種類あります。

 

生まれた時から人によって日焼けをしやすい人としにくい人がいるのです。

 

日焼けしやすい体質の解説にジャンプする

 

日焼けしやすい人の3つの対策方法

  • 日焼け止めクリームを正しく使う
  • 肌の保湿をする
  • 長袖を着る

 

日焼け止めクリームを正しく使う

日焼け止めを塗っても焼ける

 

まずは日焼け止めクリームを正しく塗ることです。

 

日焼け止めクリームはもちろん使っていると思いますが、効果的な使い方ができている人が実は少ないです。

 

それは

  • 量が少ないこと
  • 塗る回数が少ないことそして
  • 汗で流れたりしているのに気づかないこと

 

量が少ないこと

まず塗っている量が少ない方が大半です。日焼け止めは真っ白になって目立つぐらい塗らないと効果が正しく出ません。それで少ししか塗れない人が多いです。

 

塗る回数が少ない

塗る回数が少ない方も多いです。やはり何度も塗り直すの手間ですので、回数が減ってしまいました。1日1回しか塗っていない人が7割もいます。それでは焼けてしまっても当然です。

 

汗で落ちてしまっている

海辺に行くわけではないから耐水性のあるいやけど目はいらないと思っている人もいますが汗ですぐに落ちてしまいます。それでせっかく日焼け止めを塗っても効果が弱くなっています。

 

汗をかきやすい人

外での運動で汗をたくさんかく人はウォータープルーフのものを使った方がいいでしょう。

 

肌を保湿する

日焼け止めを塗っても焼ける

 

意外と知られていないことに肌の保湿があります。

 

日焼け止めクリームを塗っても塗っても焼けてしまうという方は日焼け止めクリームのせいで肌が乾燥して、ますます日焼けしやすくなっているかもしれません。

 

肌を保湿していないと肌の防衛機能が低くなって日焼けをしやすくなってしまいます。紫外線の感受性が高まります。

 

それで日焼け止めクリームの下には実は保湿クリームなどを塗っておいてその上に日焼け止めを塗った方が肌の保湿ができて日焼け効果も高まります。

 

長袖を着用する

日焼け止めを塗っても焼ける

 

日焼け止めクリームといっても敏感肌の方は毎日強いのは使えませんし、化粧をしていると塗り直しなどが難しいということもあります。

 

そういう時は長袖を着用して日焼け止め以外で紫外線をカットする方法を考えないといけません。長袖長ズボンは暑く感じますが、実際には直射日光を遮ることができて涼しくもなります。

 

薄手のものであればそれほど暑くありませんので、暑くて長袖を経験してる方もどうしてもやけてしまうという方は一度検討してみてください。

 

日傘と違って男性でもこれならできると思います。

 

なぜすぐに焼けるのか

日焼け止めを塗っても焼ける

 

すぐにやけてしまう理由は3つ考えられます。

 

  • 肌質が焼けやすいタイプ
  • 日焼け止めが足りない
  • 保湿が足りない

 

日焼け止めが塗り足りないことや保湿が足りないと日焼けをしてしまうということは先ほど紹介しましたので、日焼けをしやすい体質について以下では詳しく見ていきたいと思います。

 

日本人の3つの肌タイプ

日焼け止めを塗っても焼ける

 

日焼けをすると

  • 赤くなって黒くならない人
  • 赤くなって少し黒くなる人
  • すぐに黒くなってしまう人

 

赤くなって黒くならない人

日本人の13%から14%は太陽に当たっても赤くなるだけでちっとも黒くならない人です。このような方は色白といわれています。実際に太陽に当たってもメラニンがあまり作られずに黒くなりません。

 

赤くなって少し黒くなる人

大部分の方はこのタイプなのですが、赤くなったあと何日か経ってから少しずつ黒くなっていきます。メラニンを作る力がある方ですね。

 

すぐに黒くなってしまうタイプ

最後に日本人の17%程度がすぐに黒くなってしまうタイプだといわれています。このような方は少しの日焼けでもすぐにメラニンが作られて人よりすごく日焼けをしてしまいます。

 

飲む日焼け対策という方法も

日焼け止めを塗っても焼ける

 

日焼け止めを使ったり日傘を使ったり長袖を着用したり帽子をかぶるなどの方法は皆さんご存知だと思います。

 

そこで以下では対策方法である飲む日焼け止めというサプリメントを紹介したいと思います。

 

これは内側からケアをしていくもので抗酸化力が高い物質が入っていて内側からの紫外線対策をすることができます。興味のある方はチェックしてみてください。

 

飲む日焼け止めとは

日焼け止めを塗っても焼ける

 

飲む日焼け止めは2年ほど前から急激に普及してきている日焼け対策方法です。

 

飲む日焼け止めの成分は日焼けに効果的な成分が入っていて体の中から紫外線のダメージを緩和することができます。

 

どんな成分が使われているかというと一般的には抗酸化力の高い専用の部屋で成分が入っています。

 

具体的にはニュートロックスサンやフェーンブロック、パインセラといった天然のポリフェノール成分がよく使われていてこのような成分は日焼けの原因になってしまうメラニン色素や日焼けでシワやたるみなどが起こる原因になる活性酸素が大量にできるのをサポートしてくれる効果があります。


 

塗ってもすぐやけてしまう方に効果的な3つのポイント

  • 肌質を改善できる
  • うっかり焼けてしまった時の対策に使える
  • たるみやシワなどの肌の老化をブロックできる

 

肌質を改善できる

一番に注目したいポイントは肌質を改善できるということです。

 

もちろん遺伝的な体質は変えられないのですが、保湿に優れる成分や抗酸化力が高い成分入っているので紫外線が当たった時に日焼けしにくくすることができます。

 

ビタミンCなどを取ると日焼けしにくくなるといわれるのはこのためですね。

 

内側からの対策ができる

どんなにしっかり日焼け止めを塗っても長袖など起きても黒くなってしまう人が黒くなってしまうと思います。そういう方は内側からも対策も必要だと思います。

 

飲む日焼け止めは内側からメラニン活性酸素をコントロールしてくれるので外側からの対策だけではしきれなかった部分をサポートすることができます。

 

うっかり焼けてしまった時の対策に使える

飲む日焼け止めはうっかり焼けすぎてしまっ時に早くダメージを回復するに使うこともできます。

 

ニュートロックスサン、パインセラのような肌の紫外線ダメージをサポートしてくれる成分が含まれていますので、アフターケア的にも有効です。

 

飲む日焼け止めサプリメントは普段使う量が決まっていますが、うっかり焼けすぎてしまった時は2倍の量を飲むことで素早く内側からサポートすることができます。

 

たるみやシワなどの肌の老化をブロックできる

すぐにやけてしまう人は将来たるみやシワなどができてしまうのが心配だと思います。

 

飲む日焼け止めの成分はそんな、ししわやたるみのような肌の老化を起こす活性酸素という物質をコントロールする効果があるといわれていて、将来のよう対策を考えた飲み方をすることもできます。

 

まとめ

このように飲む日焼け止めは塗る日焼け止めで焼けてしまう方が、なるべく焼けないようにしたり焼けてしまった時のアフターケアをしたり、外側から対策をしてもどうしても焼けてしまうという穴を埋めるためにさらにはたるみやシミなどの肌老化をサポートするためにも効果的です。

 

おすすめの飲む日焼け止めサプリ

以下では簡単に数ある日焼け止めサプリメントで成分や値段を比較して厳選した3つのサプリメントを紹介しますので、インナーケアに挑戦してみたいという方はチェックしてみてください。

 

ホワイトヴェール

コストパフォーマンスと成分がバランスの良い飲む日焼け止め

 

日焼け止めを塗っても焼ける

 

ホワイトヴェールは成分とコストパフォーマンスのバランスが良い一番人気のある飲む日焼け止めです。
メインの成分はニュートロックスサンという日焼けサポート専用成分です。アフターケアやインナーケアに使えます。

 

やかないサプリ

事前に摂取して日焼けをサポートする

 

日焼け止めを塗っても焼ける

 

サプリメントやかないサプリは紫外線に当たってしまいそうな時に1週間ほど前から飲んで肌を焼けにくくしていくサプリメントです。

 

成分には肌を焼きにくくするような成分や個室をサポートしてくれる成分が含まれています。やかないサプリは気軽に注文できて値段も安く人気がサプリです。

 

インナーパラソル

とにかく焼きたくない方におすすめ

 

日焼け止めを塗っても焼ける

 

インナーパラソルはニュートロックスサンという日焼け成分が250mgとかなり多く入っています。

 

それで成分が多い分値段も高いわけですが、効果を徹底的に重視したいという方はインナーパラソルがいいと思います。

 

塗ってもすぐにやけてしまう方は体質的な部分は変えることができませんが、インナーケアや外側の対策である程度は焼けにくくすることができますので、飲むタイプや塗るタイプをうまく使って、今年こそは焼けない対策をできればと思います。