日焼けしやすい場所とは?実は家の中でも日焼けする

家の中にいつも心配ですガラスも例外ではありませんガラスを透過してしまう作用があり家の中にいても紫外線への影響を受けます。

 

日焼けしやすい場所とは?実は家の中でも日焼けする

 

じわじわと影響が現れるのが紫外線Aだと思って間違いありません。

 

紫外線Bの影響は紫外線Aより波長が短くて物をすり抜けてしまう効果はありません。

 

しかし持っているエネルギーの強さは100倍以上と呼ばれています。

 

エネルギーが強くて日焼けの症状を起こします。

 

紫外線Bが降り注ぐと皮膚で表皮細胞がメラニンの生成をするための命令を出します。

 

それを受け取るとメラノサイトがメラニンを作ります。

 

そうすることで皮膚が黒くなります。

 

紫外線Bは大量に浴びると水ぶくれなどの火傷の症状を起こすこともありますし、そこまで行かなくても紫外線でDNAが傷つけられて皮膚がんなどの原因なってしまう可能性もあります。

 

光老化を防ぐために必要な成分

光老化を防ぐためにこの成分を取っておけば良いという成分が見つかっています。

 

まずはポリフェノールです。

 

ポリフェノールは名前だけは聞いたことがあると思いますが、実は5000種類以上もある成分の総称です。

 

総抗酸化作用があって日焼けの対策に効果的といわれています。

 

というのは日焼けというのは活性酸素という酸化した物質が原因で起こるからです。

 

リコピン
リコピンというのも紫外線対策には効果的だといわれています。

 

トマトが赤いのはこのリコピンが含まれているからトマトのリコピンを食べることで体のサビつきを防ぐことができます。

 

ビタミンCビタミンCは肌に良い成分としてよく知られています。

 

具体的にはビタミンC誘導体という状態で体の中に取り入れると、メラニン色素を作り出すチロシナーゼの働きを抑えたりチロシンからメラニンが生み出されるのをブロックすることができます。

 

さらにはハイドロキノンのように還元効果もあると呼ばれています。

 

もちろん活性酸素を抑える効果もありますので、紫外線対策に有効です。

 

紫外線対策に重要な生活上の注意点

生活上の注意点をしっかり守ることで日焼けの害を少なくすることができます。

 

まず日焼け止めクリームをしっかりと塗りましょう。

 

推奨量塗るのは大変だと思いますが、自分がいつもちょうどいいと思っている量より少し多めに寝ることをお勧めします。

 

汗をかいた時に落ちてしまうのでこまめに塗り直して下さい。

 

そして日差しが強い所に行くときは日焼け止めクリームだけではなく、日傘をさしてくるから備え長袖を着て下からの反射を控え飲む日焼け止めで内側からもケアしていきます。

 

最近ではUVカットの効果がある洋服も発売されていますので、そのような洋服を着用するという手もあると思います。

 

そして睡眠をちゃんと取ることも大切睡眠をちゃんと取ると成長ホルモンがしっかりと分泌されて肌のターンオーバーが正常になっていきます。

 

忙しくても6時間は睡眠をとりたいものです。

 

紫外線対策のまとめ

紫外線対策をするには外に出ないことが一番ですが、そんなことはできません。

 

ですので、日焼け止めクリームや日傘を使って紫外線をカットしつつ浴びてしまった紫外線や内側からのケアもしっかり行っていくことが必要です。

 

10年後20年後シミだらけの顔や皮膚になってしまうのは嫌ですよね。

 

ですので、今からの対策が大切になります。

 

ホワイトヴェールの口コミ

公式ページにはいいことしか書いていません。

 

本当は悪いことデメリットについても知りたいです。

 

ですので、このページではホワイトヴェールのデメリット悪かった口コミについて紹介しています。

 

まず紫外線を60%しかカットできない
紫外線防御率は60%だそうですが、40%の対策はできないということです。

 

なので完全に飲む日焼け止めだけで対策することはできません。

 

サプリメントですが、エビカニの成分が入っていてアレルギーがあるのでちゃんと注意しておかないと購入してしまいます。

 

しかし間違えて購入してしまった場合でも15日間であれば返金保証が付いているので返品することはできます。